So-net無料ブログ作成
検索選択
登場人物・ダンブルドア ブログトップ

「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」と ダンブルドアの関係について vol.2 [登場人物・ダンブルドア]

「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」と ダンブルドアの関係について vol.2


ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」の
主人公、ニュート・スキャマンダーと、
ダンブルドアの関係について、
本日このブログでお伝えしていましたが、
別の方の記事で、
もっと詳しい内容が書かれていましたので、
そちらをご紹介します。


 『ハリー・ポッター』シリーズの原作者で、同シリーズの流れを組む新作『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の脚本を手掛けているJ・K・ローリングが、同作の主人公ニュート・スキャマンダーと『ハリポタ』シリーズでおなじみのダンブルドア校長のエピソードについて、自身のTwitterで明かした。  先日、日本を含め世界中で公開された『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の新映像の中では、ダンブルドアがニュートのことを気に入っており、彼が退学の危機に陥った際にかばったことが明かされていた。この映像を見たファンの一人がローリングに向けて、「ダンブルドアがニュートを助けたんですよね。退学は取り消されたのでは?」とTwitterで問い掛け。すると、ローリングは「ニュートが追い出されたとき、ダンブルドアはまだ若い教師だった。彼は退学を取り消すことはできなかったわ」と回答。  『ファンタスティック・ビースト』の舞台は、1920年代のニューヨーク。『ハリポタ』シリーズの約70年前の出来事として物語は進んでいく。『ハリポタ』シリーズではどんな窮地からも生徒たちを救ってきたダンブルドア校長も、70年前の『ファンタスティック・ビースト』時点では、まだ力が足りない一教師だったようだ。  また「ダンブルドアは、なぜニュート・スキャマンダーを気に入っているの?」という質問に対して、ローリングは「わたしがニュートを気に入っている理由と同じだと思うわ」とコメント。新作の主人公も人々から愛されるようなキャラクターであることをアピールしていた。(編集部・井本早紀さん)
(AXN
http://axn.co.jp/news/325826より)

わたしも、
ダンブルドアのおかげで、
ニュートの退学は取り消されたものだと思っていたのですが、
そうではなかったのですね[ふらふら]

ですが、「幻の動物とその生息地」の前書きを
ダンブルドアが書いているということは、
退学後も、何らかの形で、
ニュートの後ろ盾になっていたことが考えられます[ぴかぴか(新しい)]

また、
ニュートは、
魔法使いや魔法動物学者として優秀なだけでなく、
人から愛される魅力の持ち主であるとのこと[揺れるハート]

ますます、映画の公開が楽しみですね[るんるん]















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」と ダンブルドアの関係について [登場人物・ダンブルドア]

「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」と ダンブルドアの関係について


ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」の
予告動画に、ダンブルドアの名前が出ていますね[ぴかぴか(新しい)]



今回の作品中に
ダンブルドアが登場するのかどうかはわかりませんが、
ダンブルドアは、
主人公のニュート・スキャマンダーが
ホグワーツの生徒だった時、すでに教員で、
ニュートが魔法動物に関する事件を起こして
退学になりそうになったのをかばってくれたという
設定になっています[ぴかぴか(新しい)]

ダンブルドアは、1881年生まれ。ハリーポッターシリーズの
第一作「賢者の石」時点では、110歳という設定になっています[ぴかぴか(新しい)]

ニュートは、1897年生まれなので、
ニュートがホグワーツ在学中は、
ダンブルドアは、おそらく、
まだ校長ではなかったと考えられます[ぴかぴか(新しい)]

一教員が、退学になりそうになった生徒を
かばったのですから、
やはり、ニュートには、
何か特別なものを感じていたのかもしれませんね[ぴかぴか(新しい)]

「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」の
原作本といわれている
幻の動物とその生息地」は、
ニュートが著者(本当は、ローリング)で、
ダンブルドアが前書きを書き、
サインもしています。

前書きは、
「ニュート・スキャマンダー氏から、
この特別限定版『幻の動物とその生息地』の
前書きを依頼され、
非常に名誉に存ずる次第であります。」
という文章で始まっています。

ニュート自身に関するコメントは、
一切ありませんが、
「氏の大作である本書は、
出版以来、ホグワーツ魔法魔術学校の
指定教科書として使われており、
本校の生徒たちが、
『魔法生物飼育学』の試験で
常によい成績をあげているのも、
この本に負うところ大であります。」
という記述から、
この本の内容に関しては、
評価していることがわかりますね[ぴかぴか(新しい)]

せっかくですので、
最後に、ダンブルドアの
メッセージもご紹介します[るんるん]

眠れるドラゴンを くすぐるべからず  アルバス・ダンブルドア



幻の動物とその生息地(静山社ペガサス文庫) (ハリー・ポッター)

幻の動物とその生息地(静山社ペガサス文庫) (ハリー・ポッター)
















nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
登場人物・ダンブルドア ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。