So-net無料ブログ作成
キャスト ブログトップ
前の10件 | -

新キャスト! ジョニー・デップが 「ファンタスティック・ビースト」続編に出演決定! [キャスト]

新キャスト! ジョニー・デップが 「ファンタスティック・ビースト」続編に出演決定!


2016年11月6日配信の「映画.com」によると、
「アメリカの人気俳優ジョニー・デップが、
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の
続編に参加することが明らかになったと、
ハリウッド・レポーター誌が報じた」とのこと[ぴかぴか(新しい)]

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」は、
みなさんすでにご存じのとおり、
「ハリー・ポッター」の新シリーズの映画の最新作で、
当初、3部作の第1弾として企画されていましたが、
ローリングは、最近、
5部作のプロットを完成させた」と発表し、
それぞれ異なる都市を舞台に、
物語が展開されるそうです[ぴかぴか(新しい)]

そして、ジョニーがその2作目に出演することが
明らかになったということです[ぴかぴか(新しい)]

映画.com 11/6(日) 12:00配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161106-00000007-eiga-movi

ジョニー・デップといえば、
「アリス・イン・ワンダーランド」シリーズや
「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズなど、
人気のファンタジー映画の顔になっていますので、
かなり重要な役を務めることは間違いないでしょうから、
今から楽しみですね[るんるん]










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」の キャスト/チャスティティ役/ジェン・マレーのご紹介♪ [キャスト]

「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」の キャスト/チャスティティ役/ジェン・マレーのご紹介♪


ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」の
チャスティティ役を演じている
ジェン・マレーについてご紹介します[るんるん]

チャスティティ」(Chastity)とは、
純潔」「清純」というような意味を持っている言葉です。

「ウィキペディア」では、まだジェンに関する記載がほとんどありませんでしたので、
「Ciatr」というサイトの記事を参考にさせていただきました。

http://ciatr.jp/topics/65168

ジェン・マレーは北アイルランド出身の女優で、
2008年から、イギリスBBCのTVシリーズや映画に出演してきた彼女。
主演した『Dorothy Mills(原題)』で、
第6回アイリッシュ・フィルム・アンドテレビジョン・アワードにて主演女優賞にノミネートされ注目を集めました[キスマーク]

『Dorothy Mills(原題)』では、
解離性同一性障害を持ち、殺人未遂を起こす少女の役を演じたそうです。
難しそうな、役どころのようですね。

「ファンタスティくビースト」の「チャスティティ」に関しては、
まだ情報がなく、人物設定なのかもわかりません。

おそらく「純潔」「清純」がキーワードになるような役なのでしょうが、
また、わかり次第お伝えしたいと思います[ぴかぴか(新しい)]











(7日間 集中ケア 髪 500円セット 5%以上)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」の キャスト/メアリー・ルー役のサマンサ・モートンのご紹介♪ [キャスト]

「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」の キャスト/メアリー・ルー役のサマンサ・モートンのご紹介♪


ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」で、
魔法使いと魔女の絶滅を目論む過激派「第2のセーレム」の偏狭なリーダー
メアリー・ルー役を演じている
サマンサ・モートンをご紹介します[ぴかぴか(新しい)]

メアリー・ルーは、
エズラ・ミラーが演じる「クリーデンス」
という謎の魔法使いの養母でもあります。

●名前 Samantha Jane Morton

●生年月日  1977年5月13日 

●出身地 イングランド ノッティンガムシャー州ノッティンガム

●職業 女優   
  
●生い立ち
両親は工場労働者。1971年生まれの兄(マーカス)、1972年生まれの姉(ペニー)がいるそうです。
1979年、両親が離婚し、幼少期を児童福祉施設で過ごしたとのこと。

●プロフィール

13歳でテレビに初出演。
16歳の時に、ロンドンに移住。
テレビ版の『エマ』や『ジェーン・エア』などへの出演を経て、
1997年に『アンダー・ザ・スキン』で映画デビュー。
この作品でボストン映画批評家協会賞主演女優賞を受賞し、
国際的に注目を集める。

1999年公開のウッディ・アレン監督作品『ギター弾きの恋』で、
一言も話さないヒロインを演じて、
アカデミー助演女優賞にノミネートされた。

2003年公開の『イン・アメリカ/三つの小さな願いごと』では、
アカデミー主演女優賞にノミネートされた。
2007年放送のテレビ映画『Longford』で、
ゴールデングローブ賞助演女優賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門)を受賞。
そのほか、『The Horrors』やU2のミュージックビデオにも出演。

(内容は、主に「ウィキペディア」より抜粋)


「サマンサ・モートン」といえば、
「ギター弾きの恋」が代表作のようになっていますが、
「ファンタスティックビースト」での、
悪役ぶりが楽しみですね[ぴかぴか(新しい)]












nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」の キャスト/ゴブリンのナーラック役/ロン・パールマンのご紹介♪ [キャスト]

「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」の キャスト/ゴブリンのナーラック役/ロン・パールマンのご紹介♪


ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」で、
ナーラック役を演じているロン・パールマンについてご紹介します[ぴかぴか(新しい)]


ナーラック」というのは、
もぐり酒場を営むゴブリンのギャングで、
映画の中で、
ニュートと、ある取引することになっているそうです。
(「ハリーポッターWikia」より)

予告動画の中で、
耳がとがったおじさまがトランプをしている場面がありますが、
あれがナーラックですね。

コワモテですが、
「ファンタスティックビースト」以外の作品では、
どんな役をされていたのでしょうか。

ロン・パールマン

その風貌と190cmほどもある長身で、
どの映画に出ても強烈な印象を残しています。
特に「ヘルボーイ」はハマり役とされていて、続編も製作されました[ぴかぴか(新しい)]

●本名 Ronald Francis Perlman

●生年月日 1950年4月13日

●国籍 アメリカ

●略歴
ニューヨーク生まれのユダヤ系。父親はジャズ・ドラマー。
ニューヨーク市立大学リーマン校とミネソタ大学ツインシティー校で学ぶ。
学生時代に出演した舞台を見た父親に、俳優になるべきだと勧められた。
1981年、『人類創世』で映画初出演。
その後多くのテレビシリーズに出演するようになり、
1987年から放映されたテレビ版「美女と野獣」で人気を集め、
ゴールデングローブ賞テレビ部門主演男優賞を受賞。
その後、ギレルモ・デル・トロや
ジャン=ピエール・ジュネ作品の常連ともなった。
2004年、「ヘルボーイ」に主演で出演し、当たり役となって続編も製作された。

●主な出演作品
 1981年 「人類創世」
 1986年 「薔薇の名前」
 1993年 「蜘蛛女」
 1994年 「ポリスアカデミー'94/モスクワ大作戦!!」
 1996年 「D.N.A./ドクター・モローの島」
 1997年 「エイリアン4」
 2004年 「ヘルボーイ」
 2008年 「ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー」
 2010年 「塔の上のラプンツェル」(声の出演)
 2015年 「ムーン・ウォーカーズ」

(内容は、「ウィキペディア」より抜粋)

なんと、ディズニーの映画「塔の上のラプンツェル」にも
出演されていたんですね!
俳優で、声優もされる方はたくさんいらっしゃいますが、
その中でも、ロン・パールマンは傑出していて、
テレビアニメやゲームにも、多数、声の出演をされているそうです。
「ファンタスティックビースト」で、
ナーラックの声を聞くのが楽しみですね!


また、「ゴブリン」役なので、
小柄なのかと思っていましたが、
190㎝の巨体とのこと。
「コワモテ」+「巨体」+「素敵な声」での
怪演が見ものですね[ぴかぴか(新しい)]













nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」の キャスト/セラフィーナ・ピッカリー役/カルメン・イジョゴのご紹介♪ [キャスト]

「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」の キャスト/セラフィーナ・ピッカリー役/カルメン・イジョゴのご紹介♪


ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」の
セラフィーナ・ピッカリー役を演じている
カルメン・イジョゴについてご紹介します[ぴかぴか(新しい)]


セラフィーナ・ピッカリー」というのは、
アメリカ合衆国魔法議会(MACUSA)の主要人物で、
予告編で、冠か帽子のような豪華なものをかぶっています[ぴかぴか(新しい)]

「ハリーポッターWikia」によれば、

種族は「魔女」で、
職業は「MACUSA議長」となっていて、

「ジョージア州南東部のサバンナ出身の魔女。
20 年代を通してMACUSA議長の席に就いていた。」

と記載されています。

映画の中で、どんな魔法を使うのか、楽しみですね[ぴかぴか(新しい)]


カルメン・イジョゴ

●本名 Carmen Elizabeth Ejogo

●生年月日 1974年1月1日

●国籍 イギリス

●略歴
父親はナイジェリア人、母親はスコットランド人。
2000年、俳優のジェフリー・ライトと結婚し、子供が二人いる。
(その前に、イングランドのミュージシャン、シンガーソングライター、
 プロデューサーのトリッキーと結婚していたが、1088年に離婚)

●主な出演作品
 1997年 「ネゴシエーター」
 1998年 「アベンジャーズ」
 2000年 「恋の骨折り損」
 2001年 「PERFUME パフューム」
 2009年 「お家をさがそう」
 2012年 「ホイットニー・ヒューストン/スパークル」
 2014年 「グローリー/明日への行進」

(内容は、「ウィキペディア」より抜粋)

他に、テレビドラマやテレビシリーズでも活躍していて、
2006年から2007年まで、「キッドナップ」という
ドラマに出演していたそうです。

「ファンタスティックビースト」への出演を機に、
さらなる飛躍が期待されますね[ぴかぴか(新しい)]











nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」の キャスト/ジョン・ヴォイトのご紹介♪ [キャスト]

>「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」の キャスト/ジョン・ヴォイトのご紹介♪


ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」で、
ヘンリー・ショウ・シニア役を演じている
ジョン・ヴォイトについてご紹介します[るんるん]

ご存じの方が多いかもしれませんが、
ジョン・ヴォイトは、アンジェリーナ・ジョリー実のお父さんで、
映画「トゥームレイダー」では、父親役として共演していました[ぴかぴか(新しい)]


●本名 Jonathan Vincent Voight

●生年月日 1938年12月29日

●国籍 アメリカ

●プロフィールなど
 父親はプロゴルファー。
 高校時代にシェイクスピアの「夏の夜の夢」へ
出演したことをきっかけに、俳優を志すようになった。
 高校卒業後、ワシントンDCのアメリカ・カトリック大学で美術を専攻。
 その後ニューヨークで、演出や舞台美術を勉強し、
オフ・ブロードウェイやブロードウェイの舞台に立った。
 1967年、映画デビュー。
 1969年、「真夜中のカーボーイ」で、
田舎から出てきたジゴロ志望の青年を演じて注目を浴びる。
 1978年、「帰郷」で、アカデミー主演男優賞
カンヌ国際映画祭男優賞を受賞。
 そのほか、これまでゴールデンラズベリー賞に4度ノミネートされている。

 プライベートでは2度の離婚歴があり、
2度目の妻マーシェリン・バートランドとの間に、
俳優のジェームズ・ヘイヴン(1973年)、
アンジェリーナ・ジョリー(1975年)をもうけている。
 また弟に「恋はワイルド・シング」の作曲者として知られる
ミュージシャンのチップ・テイラーがいる。
2016年、共和党のドナルド・トランプ候補を支持すると表明。
 

●主な出演作品
 1969年 「真夜中のカーボーイ」
 1974年 「オデッサ・ファイル」
 1996年 「パール・ハーバー」
 2004年 「ナショナル・トレジャー」

(内容は、「ウィキペディア」「ウィキア」より抜粋)

今回、ジョン・ヴォイトが演じている
ヘンリー・ショウ・シニア」については、
当初は名前だけの記載だったのですが、
新セイラム慈善会に関わる集会を開くアメリカ合衆国上院議員の役だ
ということがわかりました。

セイラム」というのは、
魔法使いと魔女の絶滅を目論む過激派の組織だとのこと。

また、わかり次第お伝えします[ぴかぴか(新しい)]














nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」の キャスト/ダン・フォグラーのご紹介♪ [キャスト]

「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」の キャスト/ダン・フォグラーのご紹介♪


ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」で、
主人公ニュートと共に、魔法動物を探すことになる人間、
ジェイコブ役を演じている
ダン・フォグラーをご紹介します[ぴかぴか(新しい)]


●本名  Daniel Kevin Fogler

●生年月日  1976年10月20日 

●出身地 アメリカ/ニューヨークブルックリン

●職業 俳優・声優・コメディアン・プロデューサー、監督
     
●プロフィール

舞台俳優としてキャリアをスタート。
2000年、「Home Field Advantage(原題)」で長編映画デビュー。
2005年、ブロードウェイデビュー作のミュージカル
 「The 25th Annual Putnam County Spelling Bee」で、
 トニー賞最優秀主演男優賞などを受賞
2007年、「燃えよ!ピンポン」(主演)
2008年、アニメ映画「カンフー・パンダ」(声)
    「ホートン ふしぎな世界のダレダーレ」(声)
2009年、「ファンボーイズ」出演。
2009年、ホラーコメディ「Hysterical Psycho(原題)」で監督デビュー

(内容は、主に「映画.com」http://eiga.com/person/84726/
より抜粋)

わたしは、「ファンタスティックビースト」の予告動画で
初めてダンの顔というか、
そういう俳優さんがいるんだということを知りましたが、
いろいろな分野で活躍する
才能豊かな方だったんですね[exclamation]

「ファンタビ」の中での演技が楽しみです[ぴかぴか(新しい)]


Fantastic Beasts and Where to Find Them: The Original Screenplay

Fantastic Beasts and Where to Find Them: The Original Screenplay

  • 作者: J. K. Rowling
  • 出版社/メーカー: Little, Brown
  • 発売日: 2016/11/19
  • メディア: ハードカバー

















nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」の キャスト/アリソン・スドル(ファイン・フレンジ―)のご紹介♪ [キャスト]

「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」の キャスト/アリソン・スドル(ファイン・フレンジ―)のご紹介♪


ハリーポッター新シリーズの映画
ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」の
ヒロインのポーペンチナの妹で、
相手の思考や記憶を読み取る開心術の使い手・
クィニー役を演じている
アリソン・スドルをご紹介します[るんるん]

●名前 Alison Sudol

●生年月日  1984年12月23日 

●出身地 アメリカ/ワシントン州シアトル
●職業 「ファイン・フレンジー」の名前で知られるシンガーソングライター
    女優     
●プロフィール
16歳で高校を卒業後、ピアノを独学で習得し、曲を書くようになる。
 自らの楽曲を吹き込んだデモをレコード会社各社に送り、EMIとレコード契約を果たした。
2007年、ヴァージン・レコードより
 デビューアルバム『One Cell in the Sea』をリリース。
 このアルバムからの先行シングル「Almost Lover」は
 特に欧州諸国で成功を果たし、
 ドイツやスイスではゴールドディスク認定された。
2008年3月~4月、米国、カナダ、フランス、ベルギー、
 ドイツ、スイスなどでツアーを行った。
音楽活動の合間に女優としても、
2007年、テレビドラマ「CSI:ニューヨーク』にゲスト出演。
2014年、コメディテレビドラマ「Transparent」に数話ゲスト出演。
2015年、ミステリーテレビドラマ「Dig/聖都の謎」に
 レギュラー出演。 
2011年以来、国際自然保護連合の親善大使も務めている。

(内容は、主に「ウィキペディア」より抜粋)

わたしの個人的な好みとしては、
今回、「ファンタスティックビースト」に出演する女優の中で、
このアリソンの顔が一番好きなのですが、
シンガーソングライターとしての活躍もめざましく、
得意なジャンルも、
・インディー・ポップ、・ポップ・ロック・オルタナティヴ・アダルトオルタナティブ・ポップ
など、幅が広いそうです[ぴかぴか(新しい)]

音楽活動のほうでも、目が離せなくなりそうですね[ぴかぴか(新しい)]


One Cell in the Sea

One Cell in the Sea

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Virgin Records Us
  • 発売日: 2007/06/28
  • メディア: CD



海からの贈りもの

海からの贈りもの

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2008/04/16
  • メディア: CD



Bomb in a Birdcage by A Fine Frenzy (2009-09-08)

Bomb in a Birdcage by A Fine Frenzy (2009-09-08)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Virgin Records
  • メディア: CD












nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」の キャスト/第二のハーマイオニ―!? モデスティ役のフェイス・ウッド=グラブローブのご紹介♪ [キャスト]

>「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」の キャスト/第二のハーマイオニ―!? モデスティ役のフェイス・ウッド=グラブローブのご紹介♪


ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」で、
“ 「人の心の奥深くを見る能力」を備えた少女”モデスティ役を演じている
フェイス・ウッド=グラブローブについてご紹介します[るんるん]

●名前 Faith Wood-Blagrove

フェイスは、
「ファンタスティックビースト」が映画初出演らしく、
今のところ、ほとんど情報が得られていません

ちなみに、
「モデスティ(modesty)」=「慎み深さ」という意味のことばですが、
映画の中で、何か「慎み深さ」がキーになる事柄があるのでしょうか。

また、「ファンタスティックビースト」は、
すでに三部作になることが予定されていますので、
フェイスも、
「ハリーポッター」シリーズの
ハーマイオニー役のエマ・ワトソンのように、
毎回登場するのでしょうか。

いろいろ、謎が残されています[ぴかぴか(新しい)]

今の時点で、はっきりわかっているのは、
ファイスは、
ワーナーブラザースが、2015年5月に、この映画に出演する8歳と12歳の少女を探すために
ロンドンで行ったオーディションで選ばれたということくらいです[ぴかぴか(新しい)]

そのオーディションには、数千人の子どもが集まったとのこと[ぴかぴか(新しい)]

(BBCのニュースサイト
 http://www.bbc.co.uk/newsround/33579402
http://www.bbc.co.uk/newsround/33586648より)

ファイスが、8歳と12歳の少女のどちらに該当するのかわかりませんが、
詳しいことが分かり次第、またお伝えします[るんるん]


Fantastic Beasts and Where to Find Them: The Original Screenplay

Fantastic Beasts and Where to Find Them: The Original Screenplay

  • 作者: J. K. Rowling
  • 出版社/メーカー: Little, Brown
  • 発売日: 2016/11/19
  • メディア: ハードカバー













nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」の キャスト/パーシバル・グレイブス役のコリン・ファレルのご紹介♪ [キャスト]

「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」の キャスト/パーシバル・グレイブス役のコリン・ファレルのご紹介♪


ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」の
パーシバル・グレイブス役を演じている
コリン・ファレルについてご紹介します[るんるん]

パーシバル・グレイブスは、
闇祓いを得意とする魔法使いで、
アメリカの魔法大臣の右腕的存在という設定になっているそうです。

コリンには、個人的には、あまり興味はなかったのですが、
映画の中で、「闇祓い」をどうやってするのかが楽しみです♪

また、コリンが役作りのために
2か月で体重を20キロ増やした際の方法がすごくて、
ハーゲンダッツなどのアイスクリームを大量に食べるために、
アイスを電子レンジで溶かしてのんでいたとのこと。
「俳優としては、なかなかやるなあ!」と一目置いています。

●本名 Colin James Farrell

●生年月日 1976年5月31日

●出生地 アイルランド・ダブリン
●プロフィール
キャッスルノック大学とゴーマンストン大学付属の
 セントブリジット国立校で教育を受け、
 1980年代後半~90年代前半にかけて、
 キャッスルノック・ケルティックというサッカークラブの
 ゴールキーパーとして、前途有望な若手選手と評されていた。
The Gaiety School of Actingで演技を学ぶが中退。
1998年~1999年、BBC放送のテレビドラマ「Ballykissangel」に出演し、
 俳優としてのキャリアをスタート。

●主な出演作品
 2003年 「フォーン・ブース」
      「S.W.A.T.」
 2008年 「ヒットマンズ・レクイエム」
 2012年 「トータル・リコール」
 2016年 「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」
      「スーサイド・スクワッド」

●主な受賞歴
 2000年、Boston Society of Film Critics Awards:最優秀男優賞 - 『タイガーランド』
 2002年、London Critics Circle Film Awards:最優秀新人賞 - 『タイガーランド』
 2003年、IFTA Awards:最優秀男優賞 - 『S.W.A.T』
 2003年、MTV映画賞:大西洋を越えてきたブレイクスルー俳優賞
 2004年、MTV映画賞メキシコ: 最優秀男優賞 - 『S.W.A.T.』
 2002年、上海国際映画祭:最優秀男優賞 - 『Hart's War』
 2003年、Teen Choice Awards: 最優秀男優賞 - 『デアデビル』、『フォーン・ブース』
 2003年、Teen Choice Awards: 最優秀悪役賞 - 『デアデビル』
 2008年、ゴールデングローブ賞主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)
      -『ヒットマンズ・レクイエム』

このほか、
 2003年、「ピープル」誌の選ぶ「最も美しい男50人」に入選。
 2003年、「カンパニー」誌の選ぶ「世界で最もセクシーな男」で6位に入賞。

 (内容は、主に「ウィキペディア」より抜粋)




Fantastic Beasts and Where to Find Them: The Original Screenplay

Fantastic Beasts and Where to Find Them: The Original Screenplay

  • 作者: J. K. Rowling
  • 出版社/メーカー: Little, Brown
  • 発売日: 2016/11/19
  • メディア: ハードカバー














nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - キャスト ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。