So-net無料ブログ作成
検索選択
あらすじ ブログトップ

「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」の 脚本ガイドブックによる最新の「あらすじ」 [あらすじ]

「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」の 脚本ガイドブックによる最新の「あらすじ」



今回こそ、「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」の英語版のオリジナル・脚本ガイドブック「Fantastic Beasts and Where to Find Them: The Original Screenplay Readers Guide & Textbook Summary」(Slim Reads著)の「魔法動物 A-Z」の章の「B」に含まれている魔法動物をご紹介しようと思っていたのですが、
このスピードでは、なかなかZまで到達しそうにありませんので、
先に、「あらすじ」の章の内容をご紹介します[NEW]


公式の短編動画から
「ファンタスティックビーストとその生息地(アメリカでは、そういうタイトルで公開されることになっているようです)」は、1926年、ニュート・スキャマンダーが、魔法動物を探して記録する旅を終えようとしていたところから始まります。ニューヨークには、短時間の滞在の予定で到着したのですが、ジェイコブという名前の、あるアメリカ人のノー・マジ(マグル=人間)が、彼のスーツケースを間違えて持っていってしまったために、魔法界と人間界に大混乱をもたらすことに……。

全体の構想は、1920年代のニューヨークで、ニュートが、彼のスーツケースから逃げ出した動物を探す、というものです。彼は、魔法動物のエキスパートで、マグル(アメリカでは「ノー・マジ」と呼ばれています)から、魔法動物を隠しておこうとします[ぴかぴか(新しい)]

このことをきっかけとして、魔法界と人間界との間に破壊的な影響を与えようとしていた狂信的な新セーラム慈善会の過激派組織が、魔法使いの社会を撲滅しようとします。
ですが、ニュートは、人間の社会に、暴力や恐れ、不安をもたらさないような解決策を探します。

この映画には、アメリカの魔法魔術学校も登場します。世界には、アメリカの東海岸にある「イルヴァモーニー魔法魔術学校」を含む、国際魔法同盟公認の11の教育機関があります。その機関には、日本の南硫黄島の火山にある「マホウトコロ」、アフリカの詳細不明な場所にある「ウアガドウ」、ブラジルの雨林地帯の黄金寺院にある「カステルブルクソ」などがあります[ぴかぴか(新しい)]

ニュートの魔法動物がノー・マジをおびえさせることを視覚化するにあたって、洗練されたアニメーションと特殊効果によって、まるで「これらの生き物は宇宙から来たもので、地球上でもっとも獰猛な生き物に囲まれている」かのような視覚処理を楽しめることと思います[ぴかぴか(新しい)]

この物語は、ここで終わりではありません。これ以上に何があるのか!

すでに、「ファンタスティックビースト」の続編についてのニュースがあります。それは、“ますます暗い魔法の闇の時代により深く入っていき、ニュートと他のヒーローたちも、それぞれ忠誠の決意をしなければならなくなる”と、ハリー・ポッターのリポーターが述べています[ぴかぴか(新しい)]
また、エディ・レッドメインと、他の数名の共演者も、ひきつづき出演することが決定されています[ぴかぴか(新しい)]













nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」のあらすじのご紹介♪vol.2 [あらすじ]

#FF0000;">「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」のあらすじのご紹介♪vol.2


先日、ハリーポッター新シリース映画
ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」のあらすじについてご紹介しましたが、
Wikia(ウィキアクティビティ)というサイトで、
もっと詳しいあらすじが紹介されていましたので、
そちらをご紹介させていただきます。


映画の公式なあらすじは、
2015年12月11日に初めて公開された。
物語は1926年、
魔法動物学の研究書『幻の動物とその生息地』の
調査を終えニューヨークに短期滞在していた
ニュート・スキャマンダーを描いている。
ノー・マジのジェイコブ・コワルスキーが
ニュートの 魔法拡張スーツケース
うっかり壊したことにより
多くの危険な魔法動物が街に逃げ出す。
このことにより
アメリカにおける魔法界と非魔法界の関係が脅かされる
(このとき魔法族の根絶を訴え、
「第2のセーレム」を求める熱狂的な過激組織
新セーレム慈善会の存在によりすでに緊張状態にあった)。

http://ja.harrypotter.wikia.com/wiki/より
 一部、句読点の追加、改行などを加えました。)


また、ローリングに関する記述で、
ローリング自身がアナグラム(言葉を並べ替える謎解きのようなもの)を
ツイッターに投稿し、その解答が、
次のような文だったそうです。


ニュート・スキャマンダーは数時間だけニューヨークにいるつもりだった
http://ja.harrypotter.wikia.com/wiki/より)


なお、これは、2016年8月20日時点の内容ですので、
これから、どんどん詳しくなっていくと思います。
ぜひ、時々チェックしてみてくださいませ♪

Fantastic Beasts and Where to Find Them: The Original Screenplay

Fantastic Beasts and Where to Find Them: The Original Screenplay











nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」の あらすじのご紹介♪ [あらすじ]

「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」の あらすじのご紹介♪

あらすじのご紹介の前に、
まず、主人公のニュートについて、ご説明をしておきます。
https://ja.wikipedia.org/wiki/
「ハリー・ポッターシリーズの登場人物」の中に、
次のように記載されています。

ニュート・スキャマンダー
(ニュートン・アルテミス・フィド・スキャマンダー)
『幻の動物とその生息地』の著者。1897年生まれ。
ホグワーツ卒業後、魔法省に入省。
「魔法生物規制管理部」「屋敷しもべ妖精転勤室」
「ドラゴンの研究および制御室」などで働く。
1947年「狼人間登録簿」、
1965年「実験的飼育禁止令」を作成。
1979年、マーリン勲章勲二等を授与される。
現在はポーペンチナ夫人とペットのニーズル
(ホッピー、ミリー、モーラー)と
共に暮らしている。
孫のロルフはルーナ・ラブグッドと結婚する。

「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」は、
ハリーポッターの時代から、
70年ほど前のニューヨークが舞台になっているそうです。


あらすじ

ニュート・スキャマンダーは、魔法動物学者で、
世界中の魔法動物を収集するために、
どんなものでも入ってしまうという魔法のトランクを
持ち歩いて、旅をしています。
そして、みつけた魔法動物をそのトランクに入れています。
そのトランクは、人間の目には、
何の変哲もない、普通のトランクにみえるようになっています。

ニュートは、旅の途中でニューヨークへ立ち寄りましたが、
運悪く、トランクを人間のトランク取り違えられ、
トランクが開いたときに、中から、魔法動物たちは逃げ出してしまいました。

魔法動物の出現によって、
人間たちが混乱したのはもちろんのこと、
ニューヨークに住んでいた魔法使いたちの間でも、
大騒動になります。

そのため、ニュートは、
米国魔法界から追われる立場になってしまいます。
自分自身も逃げながら、逃げた魔法動物を探す……


いったいどんな展開になるのでしょうか。
公開が待ち遠しいですね!



Fantastic Beasts and Where to Find Them: The Original Screenplay

Fantastic Beasts and Where to Find Them: The Original Screenplay













nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。